#447 時に未来を予測して、自らのサービスを見直してみる(先読み)

◆自動運転の話題は最近よく耳にします。

「まだ遠い未来の話で、自分の生活に大きな影響はない」

「あったら便利だと思うけど、実現はだいぶ先かな?」

とこれまでは感じてました。

ところが、こんな風に連想していくと能天気な考えを改めざるを得ないと感じてしまう。

「自動運転が部分的にでも承認される」という仮定からはじめると

⇒自動運転車を購入し、24時間フル稼働してタクシー業を営むモノが出てくる。

⇒免許をもたなくても移動手段として車を使うことができるので、自動運転車が主流となる。

⇒車の台数は減るものの、自動運転で24時間稼働できるため、走行距離自体は激増する。

⇒自動車メーカーの再編、淘汰が始まる

⇒自動運転車は交通事故を起こさない

⇒修理の必要がなくなるため、カーディラー網、自動車整備業がほぼ不要となる

⇒人身事故もなくなるので、救急車、緊急病院がほぼ不要となる

⇒過疎地域では電車による移動は不便なため、自動運転車が主な移動手段となる

⇒過疎地域で電車がほぼ不要

⇒人口減少が進み、過疎地域が拡大する

⇒中距離の移動をメインにしている鉄道会社は不要となる。

第一次産業革命で蒸気機関が産み出されてから今まで、付随する産業が急拡大してきたこれまでの流れが

自動運転拡大で一気に逆流する。

淘汰される産業が続出する一方で、

いまでは思いもつかない産業が勃興してくる。

少し考えただけでもこんなに変化率の高い未来が予想されます。

時々は発想を柔軟にして、想定内面積を拡げておくのが良いと思うのです。

自分が提供できるサービスが、常に需要があれば、お客様に喜んでもらえるし、実入りも期待できる。

素晴らしいサービスを提供できても、需要がなければ、誰も喜ばせられない。

またこれまでの需要も上記の発想のように考えていくと、変化ときには蒸発するということもあり得ますね。

時々は時代の流れを読む、時には大胆な発想でもってということが

今回お伝えしたかったことなのです。

【まとめ】

自分の提供できるサービスが常に一定の需要を産み出せないと

人に喜んでもらえないし、実入りも少なくなる。

サービスに磨きをかけて差別化をはかることも重要である。

さらに大切なのは、定期的に時代の先を読んで、サービスを組み換えることである。

 

 

 

#446 意思を鍛えるよりは、環境整備に気を配ったほうが効果的(環境整備)

◆以前は「趣味は読書です!」と断言できるほど本を読んでましたが、

生活環境の変化が主な理由で読書量が減ってました。(言い訳ですね:汗)

すると、気が付かない程度の範囲で徐々に読書能力が落ちてゆきます。

その能力が落ちてゆくと、ますます読書量が減る。

その悪循環にどっぷりハマってしまうと読書ゼロにまでなってしまう。

悪循環にハマりかけている矢先に、タイミングよく海外に行く用事ができました。

10時間超のフライトなので、読書に費やすことに決めました

飛行機内はウロウロできないため、食事をとるか、寝るか、テレビを見るか

「読書」の選択肢しかとれません。

そのため読書に多くの時間を割くことができ、久々に読書能力、読書筋を鍛えることができました。

一度読書モードに入ると、読み続けることは平気なのですが、モードにすら最近の私は入れていなかったと

気づかされました。

やはり意思の力に頼るよりも、環境整備のほうが効果的ですね

この機会に定期的に読書の環境整備を行います。

【まとめ】

人間は本来意思が弱く、忍耐強くない、すぐ楽をしたがると思ったほうがよい。

その前提に立つと、仕事する、読書するという行為は快適な環境ではまずやらない。

自分に合った「仕事するしかない環境」、「読書するしかない環境」を整えるのが結局は成果があがるのである。

 

 

#445 そもそも感動とは何?(心の仕組み)

◆昭和なつかしの歌謡曲がその当時の映像でもって、大画面で流れ続ける飲み屋さんに行ってきました。

お客様のリクエストに応じて、次から次へと歌謡曲が流れてゆきます。

お客様はその当時の記憶を懐かしみながら、時に見知らぬお客様同士で大合唱になるのです。

壁一面の(当時の)アイドルポスターと(今では入手困難な)当時のアイドル写真集がより臨場感を高めてくれます。

そんなこんなで、私は感動しっ放しでした。

何年も歌ってなかった歌でも、長い時を経て、歌詞を自然と口ずさむことができるものです。

気がつけばあっという間に2時間が経過してました。

あまりに感動したので、

なぜ感動したのか?

どうすれは感動するのか?

他人を感動させるにはどうしたらよいのか?

色んな疑問が湧いてきました。

これまで、「心動くことが感動」というざっくりとした認識しかもってこなかったですが、

この機会にもう少し掘り下げたいと思います。

つづく

【まとめ】

先日の感動した際に、ふと気づけば「感動」についてあまり深い考察をもっていないことに気づいた。

「感動 」を他人に提供できる人はそれだけで差別化が図れる。

この際深堀して、「感動」を再現できないものか考えることにした。

#444 物語を載せて、工夫をこらして、笑いをいれてなんとか記憶に残るのです(販売促進)

◆マーケティングツールとして大勢の人に見てもらえる可能性の高い「メール」は

誰しもが活用したいもの。

実際に、私のメールボックスにも日々数百のメールが送られます。

しかし、大半のメールは件名を見て読む価値なしと判断して即ゴミ箱行きです。

相手に読ませる工夫もなく、事務連絡を送り付けるだけなのです。

送るほうが雑ならば、受取るほうはもっと雑になるので、読まないか、破棄されるのです。

相手にまずは読んでもらって、内容に価値を見出してもらって、仕事に生かしてもらう。

読んでもらうためには、興味を抱いてもらう。まずは「件名」の工夫です。

①最大公約数的な相手を想定するのではく、ある程度ターゲットを絞ってみる。

②問いかけ、疑問形にしてみる。

③タイムリーなキーワードを入れてみる。

これくらいは最低限必要ですね。

内容に価値を見出してもらうためには

①結論を冒頭に

②写真、イラスト、イメージ図などを盛り込みわかり易さを演出する

③笑い、ユーモアを入れることで、記憶への定着をはかる

読んでもらう、価値を見出してもらうことが縦軸とすれば

横軸が昨日もお伝えした、「笑い」と「物語」です。

縦軸の要素が盛り込まれていて、かつ「物語」となっている。

笑えるのがミソなのです。

【まとめ】

メールは便利なツールが故に、皆が使いたがる。

そのため大半のメールは読まれずに破棄されてしまうか、読んでもすぐに忘れてしまう。

読んでもらう工夫、価値を見出してもらう工夫に加えて

ユーモア(笑い)と物語を盛り込むことでようやく記憶に定着し

仕事で使ってもらえるのえあ