#437 受信料が取り持つ、異業種の学び(仕事術)

◆引っ越しの雑務も終わり、ようやく新天地での勤務後の時間も有効に使えるようになりました。

新天地では敢えてテレビ無し生活を敢行しており、とても快適です。

そんな最中、我が家のある日のディナータイムが終わろうとしていた時に、

来訪者が現れました。

インターホン越しには若い私服の青年らしき姿が映り、油断して招き入れたところ

N⚪K受信料の取り立てでした。

この取り立てスタイルが至極勉強になったのです。

結論としては、受信料は支払っておりません。

テレビもないし、携帯でワンセグも見ていないから当然といえば当然ですが・・

ただし、次に会ってしまったら支払ってしまうかもしてません。

同じ営業を生業としているので、異業種からの学びがありましたので、

書き留めておきたいと思ったのです。

まず、礼儀正しい。

自己紹介から始まり、社員証の提示、夜分の訪問の非を詫びる流れがとてもスマートでした。

そして、夜分の訪問を詫びるなら時間を改めればよいのにと私が思うよりも早く、

これまで何度も訪問させてもらいましたが、お留守だったのでこの時間に参りましたと理由を説明してくれました。

先手、先手でていねいに攻めてきます。

私も負けていられません。

テレビがないことを証明しようと思い、部屋に上がることを勧めましたが、

こちらの主張を飲んでくれました。

その代わりにスマホでワンセグを見ていれば受信料が発生すると宣言され、

スマホを見せて欲しいと懇願されたので、迷いましたが、見せました。

ワンセグも見ていないことを理解してもらい、あとは引き揚げるのみとなりましたが、

今後も定期的に訪問して、テレビを購入されていないかどうか確認させて欲しいと

最後の攻撃を浴びせられました。

こちらの圧勝で終わるかと当初は思っていましたが、

こちらの心理を読んで、先手、先手で攻めて、最後は捨て台詞で締められてしまいました。

なかなか天晴れな青年でした。

次回会えば、納めてしまいそうなので、

会わないことに決めました(笑)

【まとめ】

異業種からの学びは、日常生活のふとしたワンシーンから急に訪れる。

訪れたら、素早く言語化、凝縮化し、自分の仕事の引き出しに収納しよう。

本業でアレンジして素早く使用できれは、定着が図れるのです。

 

 

 

Leave a Comment