#430 ランチを食べるのが最重要ミッション(マネジメント)

◆前任地のミッションは営業推進であり、知識、経験、実績共に

それなりの貢献をしてきた?と勝手に思ってます。

なので、メンバーの誰よりも上手に仕事ができます。

ところが、この春から新天地、新ミッションが与えられましたが

そのミッションについてはメンバーの中で最も知識、経験、実績がありません(涙)

本当のことだから仕方ありません。

そして、メンバーがてきぱき働いてくれるので仕事が片付いていくのです。

リーダーは自分が動かず、人に動いてもらう環境を作るだけでよいという意見もありますが、

敢えて自分は動かず、メンバーにやらせて成長させるという状況からはほど遠く

自分は何もできないため、メンバーにやってもらう他ないというのが現状なので

とっても自尊心が砕かれていくのです。

◆そこで現状での私ができる最大の貢献は、

仕事のやり方に口を挟まず

気持ちよくメンバーに働いてもらう環境整備

ということになります。

それを突き詰めると、

メンバーとランチを食べながら、私を知ってもらい、現状の不満を汲み取って解決にむけて行動する。

です。

これまでは、1対1で行ってましたが、

多くのメンバーと短期間で向き合いたいので、1対2で実施中です。

やはり一度でもランチに行くと、心理的な壁が無くなり、会話しやすくなります。

自然な会話の頻度が高まれば、高まるほどチームの体温も暖まります。

暖まると動きも活発になり業務のスピードアップに繋がるのです。

その間に、私は業務経験と知識を積み上げてゆく。

◆当面は、充実したランチタイムをメンバーと重ねて職場環境の整備をメインにしながら

水面下で業績知識と経験を重ねてゆくのです。

毎日恥の上塗りが続きます(汗)

【まとめ】

新天地でリーダーは、メンバーとランチ(飲み会)を重ねて、職場環境の整備をすることが当面のメイン業務。

その間水面下で知識と経験を重ねて基礎を確立する。

恥をかき続けるのをためらってはいけない。

 

 

 

 

Leave a Comment