#425 ぞうきんの取り持つ和(信頼関係)

◆先日、定例の席替えを実施しました。

席替えの狙いは「席順を変えることで気分転換や発送転換を促し生産性を高めることである。」

と思ってしまいそうですが

真の狙いは整理整頓を促し、生産性を高めることなのであると私は感じております。

席を移る際には、

これまで貯めた資料、荷物を一緒に持っていくかどうかを考えます。

その時に3ヶ月未使用の資料、荷物は破棄する、

といった自己ルールを設けておけば資料、荷物は半減するはずてす。

要は席を替るまでは、何の価値も産み出さないガラクタを後生大事に持っていたことになります。

こういった一連の作業の要領をわきまえている人達は問題ないのですが、

わきまえていない人は躊躇して、最悪のケースは席替えしても

資料、荷物が減らないということがあり得るのです。

そんな時はぞうきんコミュニケーションをとってみてはいかがでしょうか?

リーダーが積極的に席替えの手伝いをするのです。

席替えの対象となる机を雑巾がけしてあげるのです。

恐縮されるかもしれませんが、

雑巾がけされた机は瞬時にキレイになるため、相手を嬉しい気持ちにさせることができます。

すると、感謝の気持ちも湧いてきますので、

その人に「3ヶ月使っていない資料、荷物は捨てたほうがいいよ」と言われると

すんなり実行に移せるのです。

そしてスッキリした職場環境を手に入れたメンバーは感謝の気持ちが湧いてくるのです。

コストはゼロで多少手は汚れますが、こんなにメンバーとの距離が縮まることはありません。

是非雑巾コミュニケーション、略して「ぞうコミュ」

を試してみてはいかがでしょうか?

【まとめ】

ぞうきんコミュニケーション、略して「ぞうコミュ」は誰でも、いつでも、どこでも、コスト0の信頼関係構築ツールである。

席替えの際は、ぞうコミュでメンバーの机を積極的に拭いていこう。

すると整理整頓も促進され、より信頼関係が高まる。

Leave a Comment