#420 続 成功のヒントは裏庭に(解釈)

◆これまで短所だと感じている性格、習性、習慣、趣向、傾向の再開発こそ、

更なる成長のヒントが隠されているのではといった話を前回致しました。

自分の長所を深堀りしていくと、深く掘り進めば進むほど

穴の直径は拡がっていきます。

拡がった結果、なんと”短所”まで深掘りされることもあります。

目標設定もしかりです。

安易な目標設定しか掲げていなければ、短所は放置しておいても

目標達成できるでしょう。

一方、難易度の高い目標設定を掲げ、それを達成するために

ゴールから逆算された高い生産性を

これまでの延長線上では実現できません。

実現するためには、発想の転換が必要です。

発想の転換は、もしかしたら短所を深掘りすることで産み出されるかもしれません。

◆長所の深掘りが、回り回って、短所の深掘りに至ったり

逆算思考、発想の転換を産み出すために目標設定を高めにしたりと

「上へ上へ」と「下へ下へ」のエレベーター思考が

短所モドキを長所の一部に変化させるのです。

短所モドキはエレベーター思考による発想の転換で、見直してみては

【まとめ】

人は意外と自分の短所を解っていないもの。

エレベーター思考で見直すと、短所モドキが長所の一部に変化することもある。

 

Leave a Comment