#412 スルメも人も”時を経て”成熟する(成長バリエーション)

◆ここ数日で昔の仲間から連絡が2件ありました。

まず、7年前の男性メンバーから突然届いたメールには

当社を退職して他社へ転職することと、

当時未成熟だった自分を育ててくれたことに対する感謝の気持ちが記されていました。

私のアドバイスの中で3つのフレーズを取り上げてくれて、

何度も救われましたとコメントしてくれました。

当時の彼は優秀ではありましたが、生意気で、頑固で何度も私と衝突しました。

その彼から転職の知らせはあるとしても、

臨場感ある感謝の気持ちを伝えられるのは意外でした。

衝突しながらも相手から吸収できるものは吸収しようとする姿勢は

さすが優秀だと認めただけはあると(笑)

次に

また別の昔の男性メンバーが有給休暇中に

手土産持参で職場に遊びに来てくれました。

彼もまた手のかかる部下でした。

とってもお世話になったのですが、これぐらいしかできなくて・・・

と言ってくれました。

2人とも上司受けの良い部下ではなかった。

しかし、こちらの想いは「時を経て」彼らに浸透している。

“時を経て”が重要なのです。

指導してすぐに効果を求めたくなる気持ちは痛いほどわかりますが

当の本人はなにも感じていない、何も変えようとしていない風に見える。

指導する立場としては腹立たしく、虚しく感じてしまう。

その結果、指導を諦め、放棄して

別のクイックレスポンスしてくれる人を指導しようとなってしまう。

このサイクルでは組織は育たない。

そのことを身をもって理解できたのです。

“時を経て”人は成長するのです。

つづく

【まとめ】

直属の上司部下関係が解消されてから成長する部下はゴマンといる。

そのゴマンといる人達と”時を経て”話す機会を持つことは大いなる気づきを与えてくれる。

自分の過去指導の通信簿がそこにあるのである。

 

Leave a Comment