#407 ライブを見に行って学んだこと(逆算思考)

◆先日、いつもお世話になっている会社経営者が主宰される音楽ライブに行って来ました。

その経営者は、会社経営でも卓越した成果を残され、

バンドライブも精力的にこなし、

海外を飛び回っておられ、

講演活動もされています。

ライブ活動は比較的最近始められましたが相当な腕前です。

どうすれば、そんなに短期間で超多忙スケジュールの中、

演奏スキルがアップするのかを尋ねてみました。

答えはとてもシンプルでした。

「本質をついた練習プログラムを創ること」でした。

その本質とは「楽しく継続できる」という解釈をしました。

具体的には

◆1年という期間限定で、好みの音大生にミッチリ基礎レッスンしてもらう。

これは継続できそうです。見つけるのに苦労しそうですが・・・

期間を限定しているので、メリハリがつきやすいです。

◆次のステージは同じく期間限定で、地域で一番上手いプロに教えてもらう。

その次が日本で著名なプロに教えてもらう。

3段階の先生に学ぶことでレベル感も身につく。

ここまでがインプット段階。

あとはアウトプット段階になるので、どんどん人前で演奏し、恥をかき、拍手をもらいながら

上達を重ねていくそうです。

最初からゴールを見据えてレッスンの仕組みを考えて取り組んだようです。

こんな内容が「本質」だそうです。

ここにもまさに逆算思考。

練習をひたすら繰り返すことは一見すると正しいかもしれません。

しかし時間がかかりすぎる恐れがありますね。

逆算思考恐るべし。

【まとめ】

超多忙な会社経営者が教えてくれた「上達の極意」は逆算思考。

練習を闇雲に重ねることは避け、楽しく継続できる仕組み作りからまず着手。

費用は想像に任せされております(笑)

Leave a Comment