#397 【続き】若手の自主性は養殖するのが一番(心構え)

◆一旦他責モードに侵されてしまった若手達は

我々の予想を遥かに上回るスピードで”我々の常識”から解離してゆきます。

そもそも”我々の常識”も怪しいもので、

ごく限られたコミュニティでのみ通用するだけです。

それに気づかないで、解離することに腹をたてたり、嘆いたりしても意味がありません。

歩み寄る必要もありません。

向こうは寄ってこないからです。

我々が常識だと思いこんでいることを強制するのです。

強制する理由位は教えてあげたほうがいいと思います。

茶道を習うときに、お茶を点てる時には

まず基本形を習うと思いますが、

その際に

なぜ、基本形が必要なのか?

基本形以外はだめなのか?

といった議論は普通は出ません。

粛々と基本形に沿ってお茶を点てます。

その基本形にあたるものを、若手に強制させるのです。

強制という言葉は、服従、降伏を相手に強いるイメージを想起させるので

“基本を叩き込む”と改めます。

基本を叩き込んで、それ以外は認めない。

報連相なら

口頭なのか、記述なのかを確認した上で、期日までに報告書を提出する。

期日までに提出できない場合は、理由を必ず伝える。

など勝手解釈できないやり方(基本)を叩き込む。

様々な基本を(教えるではなく)、叩き込んでようやく自主性の素ができるのです。

自主性を期待するよりも、その素を作り続けるぐらいでちょうどよいのです。

【まとめ】

リーダーがメンバーの自主性を期待するのは、そっちのほうが楽だから。

基本ができていないため、もしくは基本がわからないため、

自主性など期待しても裏切られるのが関の山なのである。

そこまで理解した結果、到達した結論は

基本を叩き込んで、自主性の素を作り続ける(自主性の養殖)ことが一番なのである。

 

 

 

 

 

 

Leave a Comment