#395 思考の凝りをほぐすと思考速度がアップする(振り返り)

◆一定の姿勢が続くと筋肉が固くなり血行が悪くなって”肩が凝り”ます。

これと同じで一定の思考が続くと、同じ神経しか使用しないため、

思考回路全体としての柔軟性を失い思考が凝ります。

思考なので、”思考が偏り”ます。

では、

一定(範囲)の思考が続くとは、何で判断するのか?

それは思考の定点観測、つまりブログが最適です。

最近は題名の後の()内にブログのテーマを一言入れております。

すると、”感情のコントロール”が多いというのが最近の観測結果です。

なんともお粗末な結果なんですが、

この傾向に気づいてるだけで

今後のマネジメントの質が変わってきます。

野球のバッターでも、内角高めならボール球でも振る傾向があるから注意しろと

監督から言われるのと、言われないのでは結果に大きな差が出るのは当たり前です。

どんな球が来ようとも、打ち返せるバッターに

どんな事態に陥ったとしても、打開できるリーダーになりたいものです。

そのためにも、自分の思考の”凝り”は自分でとりたい。

そのためにも、ブログで定点観測はとても有効なのです。

【まとめ】

思考の”凝り”を自分でほぐすためにもブログ、日記を書くのは有効。

題名の横に()を設けて、定点観測結果を書き込むと、振り返りやすい。

 

 

 

 

Leave a Comment