#388 電車乗り継ぎは気が付けば

◆私は現在は関西在住ですから、思い浮かぶ最大の駅はJR大阪駅です。

このJR大阪駅で私鉄、地下鉄に乗り換えする際、

もしくはその逆で、私鉄、地下鉄からJRに乗り換えする際に

結構な距離を歩かされることになります。

距離もさることながら階段の上下も含めますと

相当な運動量を課されているのです。

それにまつわることで、最近気づいたことは、

相当な運動量を課されて、結構な距離を歩かされる割には

苦にならないということです。

そして、

この心理(体感負荷の軽減)は仕事で生かせるはずだと閃きました。

乗り継ぎ時に思うことは

①単に歩くだけではなく、乗り換えして、目指すべき目標(駅)が明確になっている。

②アポがあるため、時間に制限がある。

③通路は⇒等の標識で指示されており、分かれ道で迷子にならない工夫がされている。

④経路沿いには店が立ち並んでおり、賑わい感がある。

等です。

仕事に置き換えると

①は目標を明確にする。

②期限を定める。

③プロセスの段階で、ゴールまでのステップがイメージできるよう工夫する。

④一人でゴールを目指しているのではなく、チームで目指しているためいつでもメンバー同士で相談できる仕組みがある。

ゴールまでの時間を少しでも体感で短縮させて、一人でも多くの人にゴールインしてもらうために

電車乗り換えの心理を類推してみました。

強引なこじつけであることは百も承知です(笑)

【まとめ】

ゴールまでの長い道のりを少しでも体感で短縮させるためには、電車乗り継ぎ時の心理を応用してみてはいかがでしょうか

電車乗り換え時には、長い距離を歩かせるものの、そう感じさせない「何か」がある。

それは、目標が明確、期限が明確、プロセスがイメージできて迷わない、仲間で団結してゴールを目指すといったものである。

Leave a Comment