#359 明治維新後の剣豪にはなりたくないっ!

◆最近、労働時間減らしに世の中が躍起になってます。

長時間労働は悪!

生産性向上のためにも残業を無くせ!

同一労働同一賃金!

すべておっしゃる通り。

終わらないなら、終わるまでやるといったモーレツマインドは

今の若者からすると、歴史の教科書で学ぶ昔の日本ビジネスパーソンの風習そのもの。

昔のリゲインCM:24時間戦えますか~♪は今の時代では不謹慎過ぎて放送できない(汗)

そんなマインドを引きずっていると、”変化対応力なし”の烙印を押されてしまう。

明治維新の後に社会に馴染めない、剣豪といったところでしょうか。

我々リーダーに求められているのは

有給休暇をきっちり取得させ、

その上で、

成果をきっちり残すマネジメントの実践です。

会社にいる時間をギリギリまで切り詰め、成果を極大化させる。

すると、会社以外でも自主的にスキルアップは必要になります。

24時間闘わなくてもいいけど、24時間考える必要があります。

休むために成果を出すのではなく、成果を出すために休む。

会社時間以外での時間の使い方、頭の使い方をメンバーに教える。

強制はできないけれど、参考にしてもらうことはできる。

イマイチ煮え切らない自分を見つめ直すためにも、

生産性向上への思いを書きました。

【まとめ】

長時間労働よさようなら、生産性向上よこんにちはの時代が既に到来した。

この変化対応を誤ると、明治維新後の剣豪のようになってしまう。

自分の24時間を公開して盗めるものはドンドン盗めといった指導も生産性向上には必要である。

Leave a Comment