#354 あえて、あえて、叱られてみては!

◆リーダーになると、叱られることがめっぽう少なくなります。

叱ることは増える一方て、叱られることは少なくなる。

これでは、叱り上手になれない。

上手に叱るための近道は、叱られることであり

それも、叱り上手な人に叱られることなのです。

上手な人は、叱られた後で前向きな気持ちにさせてくれるし、

叱っている最中に表情が穏やかです。

改善点が存在していることを伝え、

改善方法を分かりやすく伝えて

行動を速やかに促すのが叱り上手な人。

一方

改善点が存在すること自体が腹立たしく感じ、

改善策を伝える前に怒ってしまっている人は

相手の行動を促せません。

今日は叱り上手な方に、手本を見せてもらい、

身をもって技術を姿勢を心構えを学ばせてもらいました。

たまには叱られることは必要ですね(笑)

【まとめ】

叱ることが増える一方のリーダー層こそ、叱られることが必要である。

上手に叱ってくれる人に叱られると、叱っている最中の表情、感情、言葉遣い等

吸収できることが多い。

叱る目的は、相手の行動、思考の改善を促すことである。

 

 

Leave a Comment