#293 セコイお土産なら買わないほうがマシ!

◆リーダーも長期休暇を取得すると、休み明けは手ぶらで出勤しづらいのか、メンバー向けにお土産を持参される方も多いのではないでしょうか?

私もなんとなく手ぶらでは出勤しづらいです。

そこで小分けしやすいお土産をとりあえず買ってくる。

イメージし易いために、生々しい数字を用いますと、

仮にメンバーが20人いたとして、20個入りの小分けできる饅頭(1,500円相当)をお土産として買ってくる。

1人あたり75円です。

この程度の商品をリーダーのお土産としてなら配らないほうががマシだと私は思います。

なぜなら、メンバーはリーダーからお土産をもらうと、気をつかってお礼を言わないといけないからです。

私がメンバーの立場で、同僚からのお土産でしたら、気もつかわなくて済むからいいのですが、

リーダーからのお土産だとやはり、すぐにお礼を伝えないといけないと思うのです。

そのお土産が、小分けした1個もしくは1粒ならば切ない気持ちになります。

リーダーのお土産として配るのなら、もう少し良いものを選ぶか、いっそのこと「なし」にするかです。

「なし」なら全員「なし」でいいのです。虚礼廃止で年賀状も社内では出さない風潮ですからね。

「あり」ならリーダーはお礼を言われるに、気をつかわすのに相応しいものを配るべきなのです。

メンバーはリーダーにとっては「お客様」にあたる存在と言っても言い過ぎではありません。

もっと良いものを配ってやると、メンバーのやる気も高まる(過度の期待は禁物)、リーダーの好感度もアップ(笑)

メンバーの数が多く、キリがないから、という理由で「なし」にするリーダーもいれば、

メンバーの数が多く、費用は膨れ上がるが、それだけ普段世話になっているからという理由で「こだわる」リーダーもいるのです。

ちなみに私のお土産は1人前を人数分用意します。そして私の休暇中に会社に届くように郵送しておきます。

休暇中も私のことを忘れないように(笑)

【まとめ】

リーダーからのお土産としてメンバーに配ると、メンバーはそれなりに気をつかってお礼を伝えていると思ったほうがよい。

そんなメンバーの気持ちを考えない、セコイお土産なら、むしろ配らないほうがマシなのである。

「お土産なし」で統一するなら、メンバーの負担も無くなるので受け入れやすい。

 

 

 

Leave a Comment