#290 「我慢」は感情ではなく「意思」の問題あり、リーダーには「強い意思」が求められる!

◆以前に「好き嫌い」は感情ではなく「意思」の問題であると言いましたが

リーダーには「強い意思」が求められます。

また「強い意思」を持ちさえすれば「我慢」はできるのであると自らに言い聞かせてます。

先日、こんなことが起りました。

若手社員が定時になっても会社に来ないため、電話を何度も何度もかけましたが不通。

心配になり、家に行っても連絡がとれず会社全体で大騒動になりました。

結果として体調を壊し家で寝ていました。

そして、その日に病院にいったみたいですが、先輩にLINEで病院に行きますと伝えただけで会社には連絡はありませんでした。

あまりの非常識さに言葉も出ませんでした。

以前の私なら感情的に反応し、相手に最大限のダメージを与える言葉を投げつけていたと思います。

がしかし今回は「我慢!!」して

途中で投げ出すことなく、1から10まで教えました。

なぜなら、それが私の仕事であるから。

そしてたぶん、私にしかできない仕事であるから。

「強い意思」をもつために、与えてもらった「修行」です。

「感情で反応すること」から卒業して「強い意思」で自らを律する力を授かるための「修行」ですね。

そう思うと「我慢」も悪くないと認識を改めることができますね。

【まとめ】

想定外のことが自分に襲いかかってきても「強い意思」があれば「我慢」できるのである。

また「我慢」を重ねることで「意思」が強くなるのである。

「我慢」はリーダーに与えらる修行の場で、先送りしても追いかけてくる。

 

 

 

 

 

 

Leave a Comment