#227 癖を憎んで人を憎まず!

◆毎日多くのメンバーと多種多様(オンオフ含め)のコミュニケーションをとっていると、

十人十色の癖、個性を感じます。

私もかなりの癖、個性の持ち主かもしれませんが(汗)

長所は伸ばして、短所は目をつむると普段から公言しておりますので

メンバーの長所を垣間見ることができたときには、なるべくその長所の素晴らしさに触れるようにしております。

一方、短所は仕方ないので触れないようにしております。

触れないようにしているものの、時折、とても気になる癖、短所に出くわします。

最近読んだ本に書いてあったのですが、

人は他人の短所ばかりが気になって、短所で人を判断してしまう、

特に気になる、鼻につく他人の短所があったとしたら、それは自分も同じ短所、欠点を持っているからだ

という内容でした。

なるほど・・・

自分と同じ短所、癖、欠点を他人が披露してしまうと、無意識に心が反応してしまう。

似た者同士ということになるのです。

そんな心理を知ってしまうと、次回からは勝手に反応してしまう他人の短所こそ

自分が改めるべきだと解釈できます。

怒りをひたすら抑えて冷静を装ってこともありましたが、解釈を変えると楽になれるものです。

【まとめ】

癖、短所、欠点は長所の裏返しでもあるため気にしない。

自分と同じ癖、短所には無意識に過剰反応してしまう。

そう解釈できると、寛大な心も手に入れることができるのだ。

 

Leave a Comment