#201 思考停止ワードをそのままにしない!

◆仕事のできる人と話していて感じるのは、その人が使用する言葉が、具体的、根本的、徹底的です。

一方、発展途上のメンバー達が使う言葉は、抽象的、表面的、無責任(思考が一定の浅さで止まっている)です。

頑張ります、を筆頭に、一生懸命やります、かなり、すごく、お得だと思います、大丈夫です、といった言葉を使っているのを耳にします。

私も使いますので、使うことを咎めているのではありません。

頑張りますという言葉をひとつとっても、

何をどれくらい頑張るのか、もっと具体的に教えてくれる?と聞き直すと黙ってしまう。

具体的な考えが用意されていて、一言でまとめたいので、「頑張ります」を使うならOKなのです。

悪気はないが、深くも考えていない、ただその場をうまく取り繕うために「頑張ります」を使うのがNGなのです。

かなり、とてもの使用についても同様です。

かなりってどれ位なのか教えてくれる?と聞くと調べてきますから時間を下さいとくるのがNGです。

大切なのは、抽象的、表面的、無責任な言葉をメンバーが使用するのを見過ごさない、聞き過ごさないことです。

必ず、突っ込むことです。

突っ込んで聞くのを毎回行うと、メンバーも深く考える習慣が身につきます。

習慣づくまで何度でも、突っ込む。

すると、抽象的、表面的、無責任な言葉遣いが改善されて、具体的、根本的、徹底的になってきます。

結果よりも、言葉からまずは指導されてみてはいかがでしょうか?

【まとめ】

結果よりもプロセス、プロセスよりも言葉、言葉よりも思考がより根本的。

思考は見えないため、次に根本的な「言葉」の改善が実践的。

抽象的、表面的、無責任な言葉を使用しているのを聞いたら、徹底的に突っ込む。言葉の使用基準を改善させること。

 

 

Leave a Comment