#181 「チームワーク」と「切磋琢磨」の狭間で!

◆よくチームワークが大切と言われます。

一方、競争意識を持って切磋琢磨することも大切だといわれます。

・チームワーク=仲良し

・切磋琢磨=競争

という認識がそうさせているかもしれません。

そこで、私のこれまでの実践と経験より「正しいチームワーク」についての考えを以下に記しますと

・感謝

・信頼

・コノヤロー

この3点が揃っているチームには

「正しいチームワーク」が機能していると考えます。

まず、感謝です。

チーム内で互いにメンバーの存在、行動、言動、実績に感謝することです。

感謝はするほうも、されるほうも気持ちがよいもので、チームへの帰属意識も高まります。

次に、信頼です。

信頼関係の成立していないチームとは、疑心、不信が見え隠れしています。

本音で話せない、一体感がない、頼れない訳です。

信頼関係があれば前向きで、助け合う、補い会うことができます。

最後にコノヤローです。

感謝と信頼だけだと、チーム内で互いを信頼し、高めあうことはできますが、強さ、逞しさに欠けてしまいます。

チーム内で活躍しているメンバーを見て、感謝、信頼の気持ちと同時に、

悔しい、コノヤロー、今に見ていろ!という気持ちも持って欲しいのです。

コノヤローがないと、成長スピードが速まりません。

感謝、信頼で方向性を定め、コノヤローでスピードを加速させる。

是非ともコノヤローを積極的に取り入れてみてはいかがでしょうか?

【まとめ】

正しいチームワークには、感謝、信頼、コノヤローが必要です。

特に、コノヤローがメンバーの成長スピードを高めるのである。

Leave a Comment