目標が達成できるかどうかの臨場感は買ってでも手に入れろ!

◆「若い頃の苦労は買ってでもせよ」という有名なことわざがあります。

若い時にする苦労は必ず貴重な経験となって将来役立つものだから、

求めてでもするほうがよいということ。

苦労=貴重な経験ということですね。

今日我々のチームは年内の目標をやっとの思いで達成しました。

もしかしたら達成は難しいんじゃないかといった雰囲気も漂う中、全員が一丸となって、ギリギリのところで達成してくれました。

とても貴重な経験です。

私にとってもメンバーにとっても。

達成できるかできないか紙一重のところで、メンバーが集中力を切らすことなく、あきらめムードに陥らずにやりあげた。

何度も諦めムードに傾きかけては、我々ならできるというムードに引き返してくれたメンバーの強い想い。

そういった強い想いは、不思議なことに、メンバーに実力以上の力を発揮させてくれます。

それが自信になり成長に繋がります。

創り出すのが難しい、熱気に包まれた雰囲気が人を成長させてくれる訳なんです。

そんな時、メンバーにはとても疲労が蓄積されていますが、疲労が心地よい達成感に昇華しています。

私はこういった苦労をお金で買えたらどんなに楽なんだろうと感じた次第です。

【まとめ】チームをメンバーを成長させてくれる、やりきる雰囲気はお金では買えないし

そうそうお目にかかることもできない。

リーダーが意識して創り出すものである。

 

 

Leave a Comment