ネガティブフィードバックを有効活用してますか?

◆相手の行動の良いところを褒めて伸ばす、いわゆる、ポジティブフィードバックならその必要性を感じておられると思います。

一方で、悪い点を改善するために指摘する、いわゆるネガティブフィードバックはなるべく控えたほうがいい、また相手に嫌われるのもいやだし・・と感じておられるのであれば少し考え直してもらいたい。

褒めて伸ばすことは必要であり、リーダーとメンバー間で常に行われているということが前提ですが、褒めるだけでは人は伸びないと思います。

体内ではネガティブフィードバックによりバランスが保たれているようです。

例えば、体温が上がると汗をかいて体温を下げたり、逆に体温が下がると鳥肌が立って下がるのを防ぐ。血糖値が高くなればインスリンが分泌され、低くなれば分泌が抑えられる。

このようにネガティブフィードバックにより体内のセーフティネットが守られている。

なのでメンバーの成長を軌道にのせるためにも、ポジティブフィードバックは有効に活用してどんどん成長スピードを高めて欲しいのですが、誰しも、上昇、下降を繰り返して成長していくものです。

当たり前ですが、上昇より下降の割合の多い人は伸びません。なので上昇させることも重要ですが、下降幅を少なくすることも重要なのです。

下降幅を少なるする際に役立つのがネガティブフィードバックです。

ネガティブフィードバックは否定的というよりは防御的と考えて、有効活用してもらいたいです。

【まとめ】メンバーの成長のためにはポジティブフィードバックは当たり前。ただしネガティブフィードバックは防御の意味もあることを理解して有効活用してもらいたい。

Leave a Comment