#447 時に未来を予測して、自らのサービスを見直してみる(先読み)

◆自動運転の話題は最近よく耳にします。

「まだ遠い未来の話で、自分の生活に大きな影響はない」

「あったら便利だと思うけど、実現はだいぶ先かな?」

とこれまでは感じてました。

ところが、こんな風に連想していくと能天気な考えを改めざるを得ないと感じてしまう。

「自動運転が部分的にでも承認される」という仮定からはじめると

⇒自動運転車を購入し、24時間フル稼働してタクシー業を営むモノが出てくる。

⇒免許をもたなくても移動手段として車を使うことができるので、自動運転車が主流となる。

⇒車の台数は減るものの、自動運転で24時間稼働できるため、走行距離自体は激増する。

⇒自動車メーカーの再編、淘汰が始まる

⇒自動運転車は交通事故を起こさない

⇒修理の必要がなくなるため、カーディラー網、自動車整備業がほぼ不要となる

⇒人身事故もなくなるので、救急車、緊急病院がほぼ不要となる

⇒過疎地域では電車による移動は不便なため、自動運転車が主な移動手段となる

⇒過疎地域で電車がほぼ不要

⇒人口減少が進み、過疎地域が拡大する

⇒中距離の移動をメインにしている鉄道会社は不要となる。

第一次産業革命で蒸気機関が産み出されてから今まで、付随する産業が急拡大してきたこれまでの流れが

自動運転拡大で一気に逆流する。

淘汰される産業が続出する一方で、

いまでは思いもつかない産業が勃興してくる。

少し考えただけでもこんなに変化率の高い未来が予想されます。

時々は発想を柔軟にして、想定内面積を拡げておくのが良いと思うのです。

自分が提供できるサービスが、常に需要があれば、お客様に喜んでもらえるし、実入りも期待できる。

素晴らしいサービスを提供できても、需要がなければ、誰も喜ばせられない。

またこれまでの需要も上記の発想のように考えていくと、変化ときには蒸発するということもあり得ますね。

時々は時代の流れを読む、時には大胆な発想でもってということが

今回お伝えしたかったことなのです。

【まとめ】

自分の提供できるサービスが常に一定の需要を産み出せないと

人に喜んでもらえないし、実入りも少なくなる。

サービスに磨きをかけて差別化をはかることも重要である。

さらに大切なのは、定期的に時代の先を読んで、サービスを組み換えることである。

 

 

 

#446 意思を鍛えるよりは、環境整備に気を配ったほうが効果的(環境整備)

◆以前は「趣味は読書です!」と断言できるほど本を読んでましたが、

生活環境の変化が主な理由で読書量が減ってました。(言い訳ですね:汗)

すると、気が付かない程度の範囲で徐々に読書能力が落ちてゆきます。

その能力が落ちてゆくと、ますます読書量が減る。

その悪循環にどっぷりハマってしまうと読書ゼロにまでなってしまう。

悪循環にハマりかけている矢先に、タイミングよく海外に行く用事ができました。

10時間超のフライトなので、読書に費やすことに決めました

飛行機内はウロウロできないため、食事をとるか、寝るか、テレビを見るか

「読書」の選択肢しかとれません。

そのため読書に多くの時間を割くことができ、久々に読書能力、読書筋を鍛えることができました。

一度読書モードに入ると、読み続けることは平気なのですが、モードにすら最近の私は入れていなかったと

気づかされました。

やはり意思の力に頼るよりも、環境整備のほうが効果的ですね

この機会に定期的に読書の環境整備を行います。

【まとめ】

人間は本来意思が弱く、忍耐強くない、すぐ楽をしたがると思ったほうがよい。

その前提に立つと、仕事する、読書するという行為は快適な環境ではまずやらない。

自分に合った「仕事するしかない環境」、「読書するしかない環境」を整えるのが結局は成果があがるのである。

 

 

#445 そもそも感動とは何?(心の仕組み)

◆昭和なつかしの歌謡曲がその当時の映像でもって、大画面で流れ続ける飲み屋さんに行ってきました。

お客様のリクエストに応じて、次から次へと歌謡曲が流れてゆきます。

お客様はその当時の記憶を懐かしみながら、時に見知らぬお客様同士で大合唱になるのです。

壁一面の(当時の)アイドルポスターと(今では入手困難な)当時のアイドル写真集がより臨場感を高めてくれます。

そんなこんなで、私は感動しっ放しでした。

何年も歌ってなかった歌でも、長い時を経て、歌詞を自然と口ずさむことができるものです。

気がつけばあっという間に2時間が経過してました。

あまりに感動したので、

なぜ感動したのか?

どうすれは感動するのか?

他人を感動させるにはどうしたらよいのか?

色んな疑問が湧いてきました。

これまで、「心動くことが感動」というざっくりとした認識しかもってこなかったですが、

この機会にもう少し掘り下げたいと思います。

つづく

【まとめ】

先日の感動した際に、ふと気づけば「感動」についてあまり深い考察をもっていないことに気づいた。

「感動 」を他人に提供できる人はそれだけで差別化が図れる。

この際深堀して、「感動」を再現できないものか考えることにした。

#444 物語を載せて、工夫をこらして、笑いをいれてなんとか記憶に残るのです(販売促進)

◆マーケティングツールとして大勢の人に見てもらえる可能性の高い「メール」は

誰しもが活用したいもの。

実際に、私のメールボックスにも日々数百のメールが送られます。

しかし、大半のメールは件名を見て読む価値なしと判断して即ゴミ箱行きです。

相手に読ませる工夫もなく、事務連絡を送り付けるだけなのです。

送るほうが雑ならば、受取るほうはもっと雑になるので、読まないか、破棄されるのです。

相手にまずは読んでもらって、内容に価値を見出してもらって、仕事に生かしてもらう。

読んでもらうためには、興味を抱いてもらう。まずは「件名」の工夫です。

①最大公約数的な相手を想定するのではく、ある程度ターゲットを絞ってみる。

②問いかけ、疑問形にしてみる。

③タイムリーなキーワードを入れてみる。

これくらいは最低限必要ですね。

内容に価値を見出してもらうためには

①結論を冒頭に

②写真、イラスト、イメージ図などを盛り込みわかり易さを演出する

③笑い、ユーモアを入れることで、記憶への定着をはかる

読んでもらう、価値を見出してもらうことが縦軸とすれば

横軸が昨日もお伝えした、「笑い」と「物語」です。

縦軸の要素が盛り込まれていて、かつ「物語」となっている。

笑えるのがミソなのです。

【まとめ】

メールは便利なツールが故に、皆が使いたがる。

そのため大半のメールは読まれずに破棄されてしまうか、読んでもすぐに忘れてしまう。

読んでもらう工夫、価値を見出してもらう工夫に加えて

ユーモア(笑い)と物語を盛り込むことでようやく記憶に定着し

仕事で使ってもらえるのえあ

 

#443 物語を乗せて送るべし(販促効率)

◆営業現場においては、やることがなく、てもちぶさたというのは絶体あり得ません。

常に「猫の両手両足も借りたい」ような日常であり

常に販売、提案したい商品が山積み状態で、優先順位をきちんとつけないと

日々の業務に忙殺されてしまいます。

そんな中でも、どうしても販売して欲しい商品については、

何度も何度も、その商品の魅力を手を変え品を変え伝えてゆく必要があります。

全社マーケティングの観点から

メインツールとなるものは、やはりメールです。

単なる情報提供メールを送りつけるだけでは、読まずに削除が関の山です。

そこで

メールを情報提供ツールとしてでなく、物語伝達ツールとして活用することをオススメしたいのです。

物語を伝達するには、まず感情を伝達するのです。

情報+笑いがもっともシンプルな組み合わせです。

笑いのエッセンスが加わるだけで、開封率かアップします。

そしめ、笑いのツボはなるべく冒頭に持ってくるのです。

最後にあったとしても、そこに至らない所で削除されてしまうかもしれないのです。

「笑いの要素」と「冒頭に笑い」がポイントです。

つづく

【まとめ】

マーケティングツールとして、メールを有効活用するなら、まずは物語を詰め込むこと。

物語性を持つためにも、まずは「笑い」と「笑いを冒頭に」が基本。

自分の送りたい情報だけのメールでは誰も開封してくれない。

#442 あなたの戦友は何人いますか?(付き合い方)

◆先日、昔同じチームで働いたメンバー10人程度で飲み会を開催しました。

このメンバーは今まで仕事をしてきた中でも指折りの苦楽を共にしてきた仲間です。

苦楽といっても「苦」の比率が圧倒的に高いのは言うまでもありません(笑)

10年ぶりに再会のメンバーもいましたが、当時の危険、厳しい、きついの3K話で瞬時に大盛りあがりです。

鮮烈な当時の記憶を思い起こして、酒の肴にすれば時間の壁などあっという間に埋まってしまうものなのです。

そして、当時と今を冷静に結びつけると、手抜きで楽している最近の自分に気づかざるを得ない。

当時と比べると格段に成長している後輩の姿に危機感を覚えます。

時を忘れるほど会話に熱がこもり、ストレス解消にもなるのです。

こういった効果は苦楽を分かち合ったメンバーでないと期待できません。

振返ってみると、比較的楽だった時のメンバーでは無理なのです。

苦労、苦難を共に分かち合ったメンバーは

①今、楽をしている、本気でないとしたら自分を戒めてくれる。

②成長したメンバーを見ることで、自分を焦らせてくれる

③当時の昔話を面白おかしく酒の肴にできることで、癒しを感じさせてくれる

この3点の効果が激しく確認できるため

宝であり、財産であり、掛け替えのない存在なのである。

今から努力しても作れるものではない。

今後もこのメンバーを大切にしたいと再認識した次第です。

【まとめ】

激しい苦楽を共にしたメンバーは宝であり、財産であり、掛け替えのない存在なのである。

再開して昔話に花を咲かせるだけで

①今の自分を戒めてくれる

②焦らせてくれる

③癒してくれる

これからも大切に付き合いたい。

#441 AM5:30の衝撃(心を磨く)

◆私の趣味はゴルフです。

ラウンドする日の早朝、練習してから本番に望むのがこれまでの習わしになってます。

引っ越ししてから、初のラウンド前練習ということで

先日、オープンする時間に合わせて練習場に行きました。

オープンする時間はAM5:30

2分遅れて5:32に到着し、目を疑いました。

早朝の5:32にすでに満席。

暫く待ちましたが、ラウンドの時間も迫ってきたため一球も打たずに練習場を後にしました。

初の練習場で練習しない経験を積みました。

2分の時間を甘く見積ったため、その後の小一時間を無駄にしてしまいました。

まったく予想もしてない早朝からの混み具合に、驚き、戸惑い、後悔の念が込み上げてきました。

「5:00に起床して練習に行く」自分に誇りを持っていたのですが、

世の中には上には上がいることを知り、

つまらない誇り、プライドはズタズタに打ち砕かれてしまいました。

その日のスコアが悪かったことは言うまでもありません。

【まとめ】

自分に誇り、プライドを持つことはとても大切で、自尊心なしでは成長はおぼつかない。

ただし、時には自尊心が砕かれる経験も必要であり、

砕かれることで、過信、慢心、驕りへ傾きかけていた自尊心の軌道修正が行われるのである。

手垢まみれの、磨かれた自尊心こそホンモノなのである。

 

#440 無謀でないなら、敢えて困難な道を(意思決定基準)

◆先日、海外出張の人選が社内でありました。

出張の日程、内容ともに非常に魅力的であり、

選ばれた人は名誉なことではある反面、成果を求められるためプレッシャーがかかります。

メンバー間でも遠慮したい雰囲気が漂う中

思いきって、そのプレッシャーを自分にかけることに決定しました。

すんなりと私に決まり、着々と準備が進んでおります。

慣れない業務であるにも関わらず、敢えてプレッシャーを自らにかける。

「失敗したらどうしょう!」という弱気の虫が顔を出しそうですが、

成功失敗どちらにしても、年間成果が出なければ、責任は取らされます。

であれば、背水の陣を敷いて短期で成長する道を選んだほうが賢明なのでは

選択肢で判断に迷うような二択なら敢えて困難な方を選ぶことをオススメします。

【まとめ】

リーダーは責任を取ることが仕事なのである。

であれば、無謀な選択肢でない限り困難な選択をするのこがよい。

仕事も早く覚えるし、スキルアップも叶うのである。

 

#439 速やかにとりかかる、このシンプル習慣をものにするのとしないのでは人生大違い(成功習慣)

◆調子のよい時の私は、やるべき仕事を一気に遣りあげます。

それは、それは気持ちのよいものです。

調子がほどほどの時は、やるべき仕事を時間内になんとか遣りあげます。

なんとかやり遂げたという達成感があるため、これもまた気持ちのよいものです。

それ以外の時は、調子が悪いに該当しますが

調子が悪い=遣りあげずに先送り

ということになります。

先送りすると未達感のまま日を跨いでしまいます。

未達感のまま寝ると当然、睡眠の質も低下します。

少しぐらいなら、健康を害しませんが、未達が続くと

未達毒素に体内を侵されてしまいます。

蔓延すると、侵されていることに鈍感になり、それが慢性化するのです。

では、調子が回り悪い時のパターンを振り替えってみると、

大半は

速やかにとりかからずに、先送りなのです。

とりあえず、テレビをみてから、

とりあえず、本を読んでから、

とりあえず、風呂にはいってから、

とりあえず・・・

このモードに入るともうアウトなのです。

「速やかにとりかかる」で大半は解決します。

最後まで一気通関でゴールまでいくあてがなくとも、

「速やかにとりかかる」この習慣を身につけることで、

人生のロスの大半を解消できると太鼓判を押せます!

【まとめ】

未達感をかんじながら寝てしまうと、徐々に未達毒素が発生するものである。

未達感を抱えて就寝するのが継続すると、未達毒素に侵されてしまい、未達に慣れてしまう。

これを解消するシンプルな方法は、「速やかにとりかかる」このシンプル習慣である。

 

#438 評価とは短期で誤っても長期では実力どおりである(動機づけ)

◆わが社では、もうすぐ昇格人事が発表になります。

すべてのメンバーが昇格することは無理ですから、

昇格した人はともかく、できなかった人からは不平不満が漏れます。

これは至極当然の展開です。むしろ無風のほうが怖いのです。

マグマが溜まりすぎると、どこかで大爆発が起こるからなのです。

そして、できるリーダーは速やかにその不平不満を聴いてあげて、ガス抜きをするのです。

ガス抜きを、危険物処理を手際よく行い、マイナスエネルギーをプラスエネルギーに転じさせるのです。

マイナス×マイナスはプラスですから

不平不満という大きなマイナスを大きなプラスに換えるのです。

不平不満を抱くメンバーの大半は自分の成果に自負があるのです。

成果を残せていないメンバーは雇用が安定しているだけでホッとしているものなのです。

否定せずに話を聴いてあげるだけでも効果があるでしょう。

それに加えて、

短期的に人の評価を見誤ることはあっても、長期的には実力を反映するという

評価の宿命を説いてあげるとよいと確信しております。

長期の評価とは、複数の人から受ける評価になるため実力を反映しやすいのです。

メンバーの実力不足ではなく、評価が誤っているのであるとも理解できます。

実際にそういったケースはよくあることですからね。

するとメンバーも腐っている場合ではなく、成果をあげねばとスイッチご入るのです。

私も何度も評価を恨んだことはありましたが、腐らずやってきてよかったと心から感じております。